「九条の会」の呼びかけに応え、県内各地に「九条の会」をつくろう








静岡県最低賃金 807円 (効力発生 28.10.5)
リーフレットはこちら
特定最賃

トピックス

【17.02.16】3・11福島を忘れないメモリアルday (行事案内)

福島の事故を忘れてはいけない!繰り返してはいけない!浜岡原発を再稼働させてはいけない!原発いらない未来を作ろう!

【17.02.10】県評しずおか94号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●2017年旗開き ●アベノミクスで格差拡大「国民春闘県共闘会議総会」 ●労働相談から組織拡大へ ●川勝知事へ要請 ●沖縄の女性たちの苦難の事実を目の当たりに「女性部初春のつどい」 ●常葉大学、内部告発をしたら解雇「解雇無効の判決」 ●職場の安全衛生を実現するために ●公契約条例の実現で地域からの賃金底上げ「静岡県労働研究所」

【17.02.14】17春闘 静岡県決起集会 (行事案内)

すべての労働者の大幅な賃金引き上げをめざして、全組合員による要求を掲げ、2017年春闘をたたかいます。

【17.01.18】県評しずおか 93号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●希望を持って働ける静岡県に ●教育予算を増やしゆきとどいた教育を ●全労連東海北陸ブロック総会を開催 ●富士急東京本社を包囲 ●人間らしい生活を取り戻そう「生存権裁判」 ●今年こそ指定賃金の大幅引き上げを ●労働相談ホットライン開催 ●潜在するアスベスト被害「アスベスト110番」 ●貧困化する大学生

【16.12.010】県評しずおか 92号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●非正規労働者の待遇改善は急務 ●全労連「わくわく講座」閉講式 ●最低生計費調査を活用して大幅賃上げを ●働くものを粗末にする富士急は「富士」の名をかたるな ●浜岡原発の再稼働を許さない「ひまわり集会inしずおか」に3000人 ●教育署名27,994筆県議会議長に提出 ●国民大運動実行委員会、県民要求で県と懇談 ●深夜労働はリスクが大(過労死等防止シンポジュウム) ●「介護職員」2025年に37.7万人不足

【16.12.02】弁護団声明(富士急石川タクシー争議 ) (争議支援)

「労働者の救済,雇用確保など争議の全面解決」に関する団体交渉 にすみやかに応じなければならない,との救済命令を命じた。

【16.11.20】「11・20ひまわり集会inしずおか」 (活動報告)

11月20日(日)「浜岡原発の再稼働を許さない11・20ひまわり集会inしずおか」が静岡市葵区の駿府城公園にて開催され、県内外から約3000人の参加者が集い、「再稼働反対」の声をあげました。

【16.11.22】富士急本社へ抗議と申し入れ (争議支援)

11月22日(火)富士急石川タクシー富士宮労組支援共闘会議の仲間と自交総連の仲間約100名が、石川タクシーの親会社である富士急ハイランド横にある本社へ抗議と申し入れ、そして河口湖駅前で駅利用者に向け宣伝を行いました。

【16.11.11】県評しずおか91号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●夜中に車両を持ち出し全員解雇(富士急石川タクシー) ●静岡労働委員会「団体交渉を速やかに応じろ」と命令 ●「労働法制」「全国一律最賃」署名スタート集会 ●県内3大学教職員組合挙動で声明「常葉大学は速やかに復帰を」 ●「静岡県に公契約条例制定を」シンポジウム開催 ●憲法を生かした地域づくりを「第20回静岡地方自治研究集会」 ●アスベスト塵肺労災認定の幅広がる ●「最低生計費」を社会的賃金闘争に

【16.10.14】静岡県最低賃金改定 (その他)

静岡県最低賃金が807円に改定されました。


▲ このページの先頭にもどる