「九条の会」の呼びかけに応え、県内各地に「九条の会」をつくろう






静岡県最低賃金 807円 (効力発生 28.10.5)
リーフレットはこちら
特定最賃



トピックス

【17.09.16】県評 第70回定期大会開催 (活動報告) NEW!

9月16日、静岡市葵区のもくせい会館で静岡県評第70定期大会を開催し、代議員・役員・傍聴者、100名を超える参加者で開催しました。

【17.09.08】県評しずおか101号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●静岡地方最低賃金25円引き上げ832円に ●最低賃金1500円にファストフードグローバルアクション ●日米共同訓練中止を求め御殿場で集会 ●核兵器禁止条約採択を受け長崎世界大会開催 ●県原水爆被害者の会の川本司郎氏の被爆体験を聞く ●最賃1500円運動の根拠と射程 ●命と健康を守るための労働安全衛生運動

【17.08.30】第21回 静岡地方自治研究集会 (行事案内)

憲法施行70年 真の地方自治・地域再生へ! 私たちの仕事や暮らしは地方自治に深くかかわっています。市民の皆さん、医療・介護・福祉問題、地域経済、原発・リニアなど関心のある事でご一緒に考えてみませんか!

【17.08.18】久保山愛吉氏追悼焼津行動 (行事案内)

人類最初の水爆実験の犠牲者、第5福竜丸の無線長久保山愛吉さんが亡くなられて63年目の秋を迎えます。「原水爆の犠牲者は、私を最後にしてほしい」久保山さんの思いに応えて、多くのみなさんの参加を訴えます。

【17.08.09】県評しずおか100号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●7年半の闘いで和解成立「富士急石川タクシー争議」 ●解雇無効5度目の判決「常葉大学不当解雇争議」 ●環境破壊のリニア新幹線 ●広島へ「平和の思いをこめて」反核トラックキャラバン ●教育にこそ人と予算を ●介護の職場は賃金・勤務環境の改善を ●毎日が過労死110番 ●韓国における新政権の誕生とその意義

【17.07.11】県評しずおか99号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●不当な労働者いじめを株主へ訴える「富士急石川タクシー」 ●賃金と社会保障の関係性を考える ●静岡市のコンパクトシティはリスクが高い「地方自治研究所総会」 ●最低賃金を今すぐ1000円に ●原発事故から命の守り方「とっとと逃げる」 ●学校へ行くことで苦しまなくていい社会に ●鈴木航さんの過労自死事件 ●活動家育成トレーニング

【17.06.22】富士急株主総会で宣伝 (争議支援)

富士急の株主総会が6月22日、富士急ハイランド内のホテルで開催されました。富士急石川タクシー労組を支援する仲間が、ホテル入り口で株主の皆様へ訴えをしてきました。

【17.06.13】県評しずおか 96号 (県評機関紙)

今月号の記事 ●貧困と格差にどう立ち向かうか ●いい看護がしたいそれができないのが今の医療 ●富士急は争議の早期解決を図れ ●人間らしい生活のできる賃金はいくら」 ●平和を求め静岡県母親大会開催 ●多くのことを学んだ平和行進 ●海老原医師のご冥福をお祈りします ●静岡県最低生計費試算調査結果を報告

【17.06.03】第25回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in静岡 (活動報告)

全労連非正規雇用労働者全国センターと静岡県評実行委員会は、6月3日(土)〜4日(日)静岡市清水区テルサと葵区シズウエルで全国交流集会を開催し、のべ740名が参加しました。

【17.05.31】富士急行東京本社へ要請と抗議 (争議支援)

5月31日(水)全労連・東京地評が主催する「争議支援総行動」が行われ、東京都内に本社を置く20社に争議の早期全面解決をはかるよう抗議と要請の行動が行われました。静岡からは富士急石川タクシー富士宮労組と支援する仲間25名が参加し、日本IBM(株)本社、続いて日本航空株式会社本社へ、そして石川タクシーの親会社、富士急行東京本社前に行き、要請と抗議の行動を行いました。


▲ このページの先頭にもどる